国内ゲーム市場規模が5年ぶりに前年上回る

印刷

   ゲーム情報誌「ファミ通」などを発行するエンターブレインが2013年4月5日、2012年3月期の国内ゲーム市場規模を発表した。

   それによれば国内ゲーム市場規模は前年度比1.2%増の4479億円で、5年ぶりにプラスになった。特に、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」、家庭用ゲーム機「Wii U(ウィー・ユー)」が牽引し、ハードの販売金額は同5.0%増の1788億円になった。ソフトは同1.2%減の2690億円だったが、前期よりミリオンヒットが1本増えた。任天堂の「とびだせ どうぶつの森」や「ポケットモンスター」シリーズなど4タイトルが100万本を超えるヒット作となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中