2018年 7月 19日 (木)

尖閣周辺、日台「民間漁業取り決め」で合意

印刷

   沖縄県と尖閣諸島の周辺海域を対象とする日本と台湾の漁業交渉が2013年4月10日、台北でおこなわれ、双方が「民間漁業取り決め」を結ぶことで合意した。台湾との窓口となっている「交流協会」が公式サイトで発表した。

   取り決めによると、日本の排他的経済水域(EEZ)内に、両国が相手側漁船に対し、漁業関連法令を適用せず取り締まりを行わない水域と、法令の適用除外とはしないものの、双方の操業を可能な限り尊重するなどとした「特別協力水域」の2つの水域を設ける。台湾漁船のEEZ内での操業を認めた格好だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中