尖閣周辺、日台「民間漁業取り決め」で合意

印刷

   沖縄県と尖閣諸島の周辺海域を対象とする日本と台湾の漁業交渉が2013年4月10日、台北でおこなわれ、双方が「民間漁業取り決め」を結ぶことで合意した。台湾との窓口となっている「交流協会」が公式サイトで発表した。

   取り決めによると、日本の排他的経済水域(EEZ)内に、両国が相手側漁船に対し、漁業関連法令を適用せず取り締まりを行わない水域と、法令の適用除外とはしないものの、双方の操業を可能な限り尊重するなどとした「特別協力水域」の2つの水域を設ける。台湾漁船のEEZ内での操業を認めた格好だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中