福島原発事故「子供の被ばくはゼロ」

印刷

   早野龍五東大教授ら研究チームが東京電力福島第1原発事故後の福島県の住民と、県外に避難した住民の内部被ばくについて32811人を調べた結果、被ばくが認定された人は殆どおらず、子供の被ばくはゼロだった。早野教授が日本学士院紀要に発表した論文を自身の公式ホームページで13年4月10日に公開した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中