2018年 7月 22日 (日)

エジプト熱気球墜落事故で操縦士逮捕

印刷

   エジプト南部ルクソールで2013年2月にあった熱気球墜落事故をめぐり、エジプトの検察当局が4月上旬に男性操縦士を過失致死容疑で逮捕していた、と毎日新聞が伝えた。

   事故では、日本人4人を含む19人が死亡した。検察当局の捜査により、操縦士が事前の気球の整備や安全点検、運航中の注意義務などを怠ったため事故に繋がったとの見方が強まったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中