2021年 7月 31日 (土)

北朝鮮挑発に韓国が「根負け敗北」 経済不安高まり、唐突に対話呼びかけ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ミサイル発射が秒読みといわれている北朝鮮が強硬姿勢を崩す気配を見せない反面、韓国が北朝鮮側に唐突に対話を呼びかけた。景気低迷とウォン安が続く韓国経済に、長引く「北朝鮮リスク」が追い打ちをかけた形で、韓国側が事実上「根負け」したとも言える。

   操業停止が続いている開城工業団地の入居企業は「北朝鮮詣で」をしてまで事態の打開を図ろうとする有様だ。

対話呼びかけは「入居企業と従業員に深刻な苦痛を与えている」から

GM会長の発言は韓国経済界に波紋を広げた(写真はGMの保寧工場)(C)General Motors
GM会長の発言は韓国経済界に波紋を広げた(写真はGMの保寧工場)(C)General Motors

   北朝鮮側が一方的に運営の中断を宣言した開城工業団地は、北朝鮮にとって貴重な外貨の獲得源だ。ところが、北朝鮮の中央特区開発指導総局のスポークスマンは2013年4月11日、この点を無視し、国営朝鮮中央通信を通じて、

「李明博かいらい保守一味の『政権』発足後、開城工業地区を破壊しようとわれわれを刺激しながらあらゆる策動を弄した時にもわれわれは、南朝鮮の中・小企業の状況を考慮して民族愛と同胞愛的見地から耐え抜いてきた。これから朴槿恵『政権』までわれわれとの対決を追求するなら、開城工業地区はこれ以上存在不可能になりかねないというのは言うまでもない」

と威嚇を強めた。閉鎖で被害を受けるのは韓国の中小企業だけだと言わんばかりだ。

   同日、韓国の柳吉在統一相は声明を発表し、唐突に北朝鮮への対話を呼びかけた。その中でも、開城工業団地に入居する中小企業への経済的配慮は明確だ。

「南北間協力の象徴である開城工業団地の操業停止は、民族の将来の役に立たず、入居企業と従業員に深刻な苦痛を与えている。そのため、北朝鮮の責任ある対応が求められる。開城工業団地の正常化は対話を通じて解決されなければならず、北朝鮮側が提起することを望む問題を実際に議論できるようにするためにも、北朝鮮当局が対話の場に出てくることを願う」

   中小企業はかなり追い詰められている模様で、聯合ニュースが4月12日に伝えたところによると、中小企業代表の訪朝団約10人が訪朝して対話を呼びかける方針だという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中