2018年 7月 21日 (土)

淡路島で震度6弱 阪神大震災との関連は不明

印刷

   2013年4月13日5時33分ごろ、兵庫県の淡路島付近を震源とする地震が発生し、最大震度6弱を観測した。気象庁によると、震源の深さは約15キロで、地震の規模はマグニチュード(M)6.3と推定される。

   気象庁の長谷川洋平地震津波監視課長は13日朝に記者会見し、今後1週間程度は震度5弱程度の余震が起きるおそれがあるとして、注意を呼びかけた。震源は1995年に起きた阪神大震災の余震域南端付近にあたるものの、「地震のメカニズムも異なるため、余震と言えるかは分からない」と述べた。なお、兵庫県で震度6弱以上の地震を観測したのは、阪神大震災以来となる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中