隋の煬帝の墓か 江蘇省郊外で

印刷

   6世紀後半に中国を統一した隋の2代皇帝、煬帝のものとみられる墓が見つかったと、中国の複数のメディアやNHKが2013年4月16日までに報じた。

   場所は中国江蘇省揚州の郊外で、工事中に偶然見つかったのだという。煬帝を示す墓誌や、高貴な人物向けの副葬品が収められていたようだ。

   煬帝が国を治めていた607年、聖徳太子が小野妹子を第2回遣隋使として派遣、倭王からの国書を渡している。そこには「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す」と書かれており、煬帝が激怒したと言われる。中国国内に大運河を築いたことでも知られている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中