2018年 7月 24日 (火)

東名高速の防音壁内から白骨遺体見つかる

印刷

   2013年4月22日14時半頃、神奈川県川崎市宮前区南平台の東名高速道路上り線で、防音壁の張り替え工事をしていた男性作業員が高さ約6メートルの場所にある外装板を取り外したところ、中から完全に白骨化した頭部のない遺体が見つかった。年齢や性別は不明で、セーターとズボンを着用していたが、靴は履いていなかった。

   防音壁は中が幅約30センチの空洞になっており、高速道路の外側から人が侵入することも可能になっている。神奈川県警宮前署は身元や死因を調べている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中