東名高速の防音壁内から白骨遺体見つかる

印刷

   2013年4月22日14時半頃、神奈川県川崎市宮前区南平台の東名高速道路上り線で、防音壁の張り替え工事をしていた男性作業員が高さ約6メートルの場所にある外装板を取り外したところ、中から完全に白骨化した頭部のない遺体が見つかった。年齢や性別は不明で、セーターとズボンを着用していたが、靴は履いていなかった。

   防音壁は中が幅約30センチの空洞になっており、高速道路の外側から人が侵入することも可能になっている。神奈川県警宮前署は身元や死因を調べている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中