旧ソ連内部文書「歯舞・色丹は日本に引き渡す義務」

印刷

   旧ソ連のゴルバチョフ大統領(当時)が1991年の訪日を前に、政権内で北方領土の法的地位をひそかに検討していたことが明らかになった。2013年4月24日、朝日新聞が旧ソ連の内部文書の内容として報じた。文書によると、ソ連側は「1956年の日ソ共同宣言でソ連は日本に歯舞、色丹両島を引き渡す義務を負った」と認識しており、ロシア政府の「第二次大戦で4島の領有権はロシアに移った」との主張と矛盾する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中