資生堂、最終赤字に転落へ 業績を下方修正

印刷

   資生堂は、2013年3月期の業績予想を修正し、最終損益が従来の105億円の黒字から147億円の赤字になる見込み、と4月24日に発表した。2010年に買収した米国の子会社、ベアエッセンシャルの売上高が計画を下回って推移していることから、のれん代の減損286億円を特別損失として計上することにした。また、国内での化粧品事業も売り上げが計画を下回ったとして、連結売上高は25億円減の6775億円に下方修正した。

   同社が13年3月期の業績予想を下方修正したのは4度目。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中