国交省、787運航再開承認へ 独自の安全対策が条件

印刷

   バッテリーの発火トラブルで運航停止が続いていた中型旅客機のボーイング787型機について、太田昭宏国土交通相は2013年4月26日朝、同日中にも全日空(ANA)と日本航空(ANA)に対して運航再開を承認する方針を明らかにした。米連邦航空極(FAA)が4月26日付けで運航再開を認めたことを受けた措置。FAAはバッテリーシステムの改修を運航再開の条件にしているが、国交省は独自に、飛行中の電圧データを送信し地上から監視するなどの安全対策を求める。航空2社は13年6月にも営業運航を再開する見通し。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中