2018年 7月 20日 (金)

選手の11.5%「パワハラ・セクハラ被害経験あり」 JOC調査

印刷

   日本オリンピック委員会(JOC)加盟57団体の強化指定選手のうち、11.5%(219人)が暴力を含むパワハラ・セクハラ被害を受けたことがある――JOCが2013年4月25日発表した最終報告書から、そんな実態が明らかになった。女子柔道暴力問題などを受けて実施したもので、「暴力行為を見聞きした」という選手も25.9%に及んだ。なお、こうした行為を自らがしたことがある、とした指導者は3.0%(45人)だった。

   JOCなどは同日、スポーツ界からの暴力根絶を目指す宣言を採択している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中