拉致被害者家族会 「『落胆』しているメンバーは確認できない」

印刷

   北朝鮮による拉致被害者家族連絡会は2013年4月25日、家族会メンバーには、靖国参拝問題に関して政権に「落胆している」メンバーは「確認できなかった」とする声明を発表した。民主党の徳永エリ参院議員が予算委員会で2013年4月24日、靖国参拝問題に関し「拉致被害者の家族の方々から『落胆している』という声が聞こえている」と発言したことに対する見解として表明したもので、

「徳永議員が意図的にではなくとも、国民に対し誤解されるような質問の材料に『被害者家族』の名前を使われたとしたら誠に遺憾である」
「この拉致問題は超党派で取り組んでいる状況下で、こういった質問に何の意味があるのか、また、どういう意図があるのかを含めて 徳永議員には、本会と国民の皆様に対して説明する必要があると考える」

としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中