2019年 5月 27日 (月)

小、中女子が1900円飲み放題で「豪遊」 子供に酒飲ませるトンデモ居酒屋の実態

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   子供にも酒を飲ませてくれる、そんな居酒屋があることを口コミで知った小学6年生、中学2、3年生の女子6人が横浜市鶴見区にある店を訪れ、2時間飲み放題の1900円を支払い「豪遊」したうえ、帰りにスーパーで酒を万引きしようとしたため補導された。

   酒を未成年に提供していたとして居酒屋は書類送検された。普段から年齢確認をしておらず「未成年だと思ったが客なので出した」などと取調べで話しているという。

一人あたりビールやサワーを5、6杯飲んでいた

   事件があった居酒屋は、京急鶴見駅近くにある中華居酒屋「台屋」で、300円均一でつまみを提供する24時間営業の店だ。入り口には大きく「300円」と書いた看板が置いてある。

   2013年1月6日の午後8時にまず6人のうちの4人が訪れ、1900円の飲み放題コースを注文。つまみにはフライドポテトなどを選んでいたという。その後2人が合流し、大いに盛り上がった。一人あたりビールやサワーを5、6杯飲んでいた。

   そのまま帰宅すれば事件が発覚しない可能性もあったのが、6人のうち小学生を含む4人が日をまたいだ7日午前1時半ごろに、川崎市幸区内のスーパーで酒を万引しようとし、神奈川県警幸署に補導された。生徒が酒臭かったため警察が事情を聞くと、居酒屋で飲んだことを白状し、居酒屋の存在が発覚した。

   幸署は13年4月25日に風営法違反(未成年者への酒類提供)の疑いで、居酒屋を経営する会社と、中国籍の50歳と24歳の女性従業員を書類送検した。従業員は取り調べに対し、普段から店では年齢確認はしておらず、今回は未成年だとは思ったが「客なので酒を出した」などと供述しているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中