2018年 7月 21日 (土)

油が変わった「ミスド」にネットで大絶賛 「味全然ちがいます」「前よりあっさり、しっとり」

印刷

   ミスタードーナツが油を新しくして、おいしくなったと話題になっている。

「今食べたけど、オールドファッション味全然違います」「ミスドのリニューアルドーナツ、生地サックサクやん!」

   インターネット上では、こんな感想が書き込まれている。

2007年のリニューアルでは「おいしくなくなった」の声も

「ミスド」の油が新しくなった
「ミスド」の油が新しくなった

   「ドーナツ屋としてのプライドをかけたリニューアル」として、42年ぶりにドーナツの味を新しくした。ドーナツを揚げるのにつかうオイル(フライオイル)を新しく変更したほか、グレーズは蜂蜜の風味が強くなり、オールドファッション、イーストリング、ポン・デ・リング、フレンチクルーラーの生地が新しくなったという。

   メニューの変更は2013年4月26日からで、10日に告知された。

   すべてを一新するのは今回が42年ぶりとなるが、オイルだけは2007年にも変わっていた。当時のオイルに含まれていた「トランス脂肪酸」が健康に悪影響を及ぼすとして、「低トランス脂肪酸オイル」に変更されたのだ。

   ミスドの広報担当者は「変更の前後で同じ味になるようにした」と話しているが、当時のネットでは「(油変更のせいで)おいしくなくなった」という声が散見された。

   そのため、2ちゃんねるなどやツイッターなどのインターネット上では今回のリニューアルにも「劣化しそう」「こういうのやると、たいてい味落ちた、って言われるよな」などと不安視する人が多かった。変更前日の25日には、「食べ納め」と称してリニューアルする商品を買ってきたという書き込みも複数あった。

   ところが蓋を開けてみると、新商品を食べた人からの感想は、絶賛の嵐だ。

「リニューアルされて初めて食べたんだけど、苦手だったオールドファッションを初めておいしいと思った。 前のパサつく感じがなくなって、油っぽさもなくなってフワフワ」
「さっくり軽い食感でうまかったわ」

   実は、フライオイルは「ドーナツの風味やおいしさに大きく影響し、ドーナツの命といっても過言ではない」(ミスド広報)重要な食材。今回のリニューアルで、トランス脂肪酸の量を減らしつつ、ドーナツの風味を向上させるよう新開発した。ようは、おいしくなったということだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中