2020年 6月 4日 (木)

猪瀬都知事が五輪誘致で他都市批判 報道を否定、一転不適切表現として謝罪

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米ニューヨーク・タイムズ紙の報道に対し、猪瀬直樹東京都知事は当初、他の五輪立候補都市を批判したことを否定した。しかし、一転して不適切な表現だったと訂正して謝罪している。批判だったとすれば、なぜそんなことをしたのか。

   ニューヨーク・タイムズ紙は猪瀬直樹都知事の発言を2013年4月26日に報じたが、日本の主要メディアが報じたのは29日になってからだった。発言が事実かどうか、確認に時間がかかったこともあるらしい。

トルコ閣僚「発言は公正ではなく、悲しい」

過去にはこんな発言も
過去にはこんな発言も

   英文のサイト記事によると、猪瀬氏は、インタビューに対し、「ベストの開催地はどこだと思いますか?」と思わせぶりな質問をした。そして、立候補したトルコのイスタンブールやスペインのマドリードを挙げ、「インフラや洗練された競技施設がまだ整っていない」と指摘した。そして、トルコを念頭に置いてか、「イスラム諸国が共有しているのはアラーの神だけで、お互いにケンカばかりしている。これらの国には階級というものがある」と述べた。

   さらに、トルコの人々が長生きしたければ、日本のような文化を創るべきで、若者が多いだけではあまり意味がないとまで話した。

   ニューヨーク・タイムズ紙は記事で、猪瀬氏が他都市を批判したと報じ、これはIOCの行動規範に反する発言の可能性があると指摘している。

   これに対し、トルコの閣僚が28日になってツイッターで言及し、「発言は公正ではなく、悲しいことだ。オリンピック精神に反している」と漏らした。IOCも、通訳を通した発言なので真意は分からないとしながらも、立候補都市に行動規範を守るよう呼びかける声明を出した。

   日本のネット上では、29日になって騒ぎになり、猪瀬氏のツイッターなどにも質問や意見が寄せられた。猪瀬氏はこの日、ツイッターで「他の立候補都市を批判する意図はまったく無く、このようなインタビューの文脈と異なる記事が出たことは非常に残念だ」と初めて口を開いた。そして、フェイスブックでも自らの発言について説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中