プーチン大統領、北方領土「面積等分論」に言及?

印刷

   安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領が2013年4月29日に行った日ロ首脳会談の中で、プーチン大統領が、過去にロシアが経験した領土問題で、係争地の面積を等分して解決したケースに言及していたことが明らかになった。各紙が4月30日、「外交筋」や「政府高官」の話として伝えた。ただし、直接北方領土に当てはめて説明したわけではなさそうで、プーチン大統領の真意は明らかではない。

   北方領土で考えると、歯舞、色丹、国後3島と択捉島の5分の1を足すと、全体の面積の半分になる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中