富士山、世界文化遺産登録へ 鎌倉は「不登録」

印刷

   富士山(山梨県、静岡県)が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録される見通しになった。登録への可否を調査する国際記念物遺産会議(イコモス)が2013年4月30日、「三保松原を除き登録」するようにユネスコに勧告した。富士山以外に日本が推薦していた「武家の古都・鎌倉」(神奈川県)は「不登録」とされた。6月16日にカンボジアのプノンペンで開かれる世界遺産会議で登録が正式に決まる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中