2019年 8月 20日 (火)

朝鮮総連機関紙サイトに「アノニマス」攻撃 登録読者リストが流出、国内マスコミも被害

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   国際的ハッカー集団「アノニマス」を名乗るインターネット利用者が北朝鮮関連サイトへの攻撃を繰り返すなか、その影響が日本にも及んできた。在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の機関紙にあたる「朝鮮新報」のウェブサイトが攻撃を受け、登録読者のリストが流出する被害が確認された。

   リストの主な内容はメールアドレス。フリーメールを使っている人が多いが、ドメインなどから大学関係者や、マスコミ関係者と判別できるアドレスも多かった。J-CASTニュース記者の自宅アドレスも流出が確認された。今回攻撃を受けたサイトは、北朝鮮関係の情報源として有用だとされており、研究者やマスコミ関係者も登録していたが、それが裏目に出た形だ。

半数がフリーメールで登録

   「朝鮮新報」を発行する朝鮮新報社の発表によると、攻撃があったのは2013年4月20日。発表では、今回の事件を

「サイバー空間を政治的対決のために悪用する違法行為を断固糾弾し、たたかってまいります」

と非難し、情報流出を陳謝した。

   攻撃の結果流出した情報は、アノニマスが利用することが多いソースコードの投稿サイトで公開された(5月1日時点では削除)。約3670件が流出し、データには利用者名(ID)、メールアドレス、暗号化されたパスワードなどが含まれている。住所や氏名は、そもそもサイト登録する際に入力を求められておらず、流出していない。

   流出したメールアドレスの大半がフリーメールで、Gメール、ホットメール、ヤフーメールだけで約1840人。携帯電話のアドレスで登録している人も多く、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク(iPhone)が約130人ずついる。

   大学に割り当てられる、「ac.jp」のメールアドレスも目立つ。朝鮮大学校のアドレスを登録している人が約60人いるほか、神奈川朝鮮学園、愛知朝鮮学園のアドレスも確認できる。東大、日大、同志社大、静岡県立大のアドレスもあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中