2020年 10月 30日 (金)

猪瀬都知事、フォロワーを色分け 「誰が味方か敵か、よくわかった」

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   五輪発言で謝罪に追い込まれた猪瀬直樹東京都知事がツイッターで騒動に触れた内容が、ネット上で物議を醸している。また余計なことを言ったと指摘されているのだ。

   猪瀬直樹都知事は、他の五輪候補都市を批判したと報じた米ニューヨーク・タイムズ紙に不満を述べただけに、まだ虫の居所が悪いらしい。

「ごくわずかなコメントに焦点」

ツイートがまた波紋
ツイートがまた波紋

   フェイスブックで2013年4月30日、発言は不適切だったと認めながらも、こう言い訳を漏らした。

「残念ながら、ご指摘の記事は他の立候補都市について触れたごくわずかなコメントに焦点があたり、私の真摯で広い意味での2020年招致への想いは完全には反映されませんでした」

   これは発言したことよりも、記事の書き方が悪いと言っているかのようだ。

   そして、5月1日には、ニューヨーク・タイムズ紙を揶揄するかのように、ツイッターでこうつぶやいた。

「今回の件で誰が味方か敵か、よくわかったのは収穫でした」

   このツイートではさらに、記事が出たおかげで、開催地決定前のこの時期は、どこまで他都市について発言できるのか、IOCの行動規範における「線引き」が分かったとも述べている。つまり、他都市についての発言は、線引きを守りさえすればよいと言っているともみられるわけだ。猪瀬氏は最後に、「五輪招致、ますますいき盛んんです」と結んでいる。

   ネット上では、こうした猪瀬氏の考え方を擁護する声もある。しかし、反省の姿勢が欠けているとの厳しい指摘も相次いでいる。

「誰が味方か敵か─という話ではないので、これはいただけません」「ただ謝ればいいのに余計なことを言う」「猪瀬知事は危機管理に長けていないことが分かりました」…
猪瀬都知事発言で、五輪招致どうなる?
影響甚大、もう無理
影響あり、厳しいかも
影響小、まだまだイケる
問題ゼロ
そのほか
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中