1号貯水槽の移送完了 東電福島第1原発の汚染水漏洩問題で

印刷

   東京電力福島第1原発の地下貯水槽から、放射性物質で汚染された水が漏洩した問題で、東電は2013年5月6日、このうち1号貯水槽の汚染水約6200トンを地上タンクに移送完了したと発表した。同じく漏洩が判明していた2号槽からもすでに汚染水を移送しており、地上タンクの増設工事が終了し次第、3号槽、6号槽からも移送を行う予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中