村上春樹さん、新作は「3、4年前だと書けなかった」

印刷

   作家の村上春樹さんが2013年5月6日、京都大学でファン、報道陣を前に「公開インタビュー」に登場した。生前交友の深かった臨床心理学者の故・河合隼雄さんを記念した「河合隼雄物語賞・学芸賞」創設を記念したもの。村上さんが国内で公の場に出ることは珍しい。村上さんは新作『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を「ひとつの成長物語」と自ら論評し、こうした作品は「3、4年前だと書けなかった」と振り返った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中