世界のスマートフォンOSシェア アンドロイド75%

印刷

   米調査会社IDCは2013年5月16日、2013年1~3月期の世界でのスマートフォン出荷台数と、基本ソフト(OS)別のシェアをウェブサイト上で発表した。

   米グーグルが開発した「アンドロイド」が1億6210万台で首位、OSシェアでは75%に上った。2位は米アップルの「iOS」で3740万台、シェア17%となった。この2つのOSで、全体の9割を超えている。

   3位は米マイクロソフトの「ウィンドウズフォン」で700万台、3.2%だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中