「おんせん県」商標登録認められず 大分県

印刷

   大分県が2012年10月に申請した「おんせん県」の商標登録について、特許庁が登録を認めない通知を県に送っていたと、複数のメディアが2013年5月17日までに伝えた。

   別府や湯布院など国内有数の温泉を抱える大分県は、観光振興を目的に「おんせん県」の商標登録を出願したが、他の温泉地がこれに困惑する一幕もあった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中