2018年 7月 20日 (金)

秋元康さん、年収は50億円以上? 国税庁調査で1人だけ飛び抜けた額が…

印刷

   国税庁がまとめた2011年の確定申告状況で、年収が50~100億円の「文筆・作曲・美術家」が1人だけいる。それは、AKB48の総合プロデューサーを務める作詞家の秋元康さん(55)ではないかと、ネット上で注目を集めている。

   深刻な音楽不況が伝えられる中で、秋元康さんだけは、1人勝ちに近い状況が続いている。

小室哲哉さんでも20億円超だった

どれだけ高額所得者?(2010年8月撮影)
どれだけ高額所得者?(2010年8月撮影)

   2011年は、AKB48が「フライングゲット」などの大ヒット曲を連発し、CDの売り上げを飛躍的に伸ばしていた時期だ。秋元さんは、AKBの作詞の多くを手がけるため、印税だけでも相当な額に達したと予想される。

   国税庁の調査では、それまでの2年間は、「文筆・作曲・美術家」には、最高で年収10~20億円の人が1人いる程度だった。11年も1人いたが、20~50億円のクラスはゼロなのに、1人だけ飛び抜けて50億円超に達する人がいたのだ。

   過去には、音楽プロデューサーの小室哲哉さん(54)が、1996年に年収が20億円に達して話題になった。ここ10年は、高額納税者が発表されないため、音楽業界でどれだけの高額所得者がいたのかははっきりしない。しかし、音楽不況が続いていたために、秋元さんを除いて、小室さんを上回るような高額所得者はいないのではないか、とみられている。文筆では、高額所得者としてほかに作家の村上春樹さん(64)がいるが、11年発売のベストセラー小説はなく、「1Q84」は前年までに出している。

   秋元さんは、2000年に推定年収が5億6900万円になって、この年の文化人部門の1位になった。もし11年の年収が50億円超だったとすれば、この10年で10倍以上も所得を伸ばした計算になる。

   とはいえ、秋元さんが個人でこれだけの年収を得ているのは本当なのか。

   秋元さんは事務所を構えているが、節税に詳しいある東京都内の税理士は、秋元さんほどの高額所得者になると、印税なども個人収入にしている可能性があると指摘する。

これだけ高収入なら節税あまり意味ない?

「数十億円ほどの所得になると、法人化して節税してもそれほどの違いにはならなくなります。秋元康さんぐらいなら、中小企業の感覚とは違うと思いますよ」

   事務所での役員報酬とは別に、印税などが個人収入になっている可能性があるわけだ。前出の税理士は、「おニャン子クラブをプロデュースした時代から印税があるわけですし、50億円ぐらいはありうるかもしれません」と言う。

   事情に詳しいある芸能関係者は、こうみる。

「AKBの音楽関係者は、推定で8億円もするビルを東京・六本木に建てたと聞いています。秋元さんも、そのぐらいはできる所得があるはずで、印税、プロデュース料だけで、少なく見ても35億円の年収はあるでしょう。その他もろもろの収入があることを考えれば、50億円を超えることも考えられますよ」

   もっとも、税金にかなり取られるため、手取りはもっと少ないことが予想される。

   それでも数十億円になるため、この芸能関係者は、「1人ではとても使い切れないでしょう。秋元さんは、何に使っているのか」と驚きをみせる。

   ただ、「文筆・作曲・美術家」はジャンルが幅広いため、50億円超の高額所得者は秋元康さんでない可能性も残っている。だとすると誰なのか。意外な人物が浮かぶ可能性はないとはいえない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中