石原氏、戦争は「侵略じゃない」 朝日新聞に答える

印刷

   日本維新の会の石原慎太郎共同代表は2013年5月17日、朝日新聞の取材に答えて、先の大戦の旧日本軍の行為について、「侵略じゃない。あの戦争が侵略だと規定することは自虐でしかない。歴史に関しての無知」と語った。18日、朝日新聞が伝えた。

   橋下氏が、従軍慰安婦問題に絡み、先の戦争を「敗戦の結果として侵略だと受け止めないといけない。反省とおわびはしなければいけない」と述べたことについて、侵略との見方を否定したかたちだ。石原氏は、「全然違う。正確な歴史観、世界観を持っていないとだめだ」と批判したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中