2019年 2月 18日 (月)

株価急落で「アベノミクスの危うさ露呈」 朝日、毎日、民主は騒ぎ立てるが… 

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「アベノミクスは、その危うさを露呈してしまった」。株価の急落を受けて、こう指摘する動きが、一部で出てきている。

   株価が下落すると、「アベノミクス失敗」「バブル崩壊」などと喜ぶ人たちがいる――。

   経済時論を手がける上武大の田中秀臣教授は2013年5月23日、こんな内容のブログを書いてアップした。

「アベノミクスの本質は、お金をばらまくこと」

株価急落とは関係ない?
株価急落とは関係ない?

   田中教授によると、その人たちとは、マスコミや野党、国債の取引をする業者、アベノミクスに反感を抱いている人々を指す。ブログでは、具体的な名前こそ挙げられていないが、そう推測できる人たちはいるようだ。

   マスコミでは、朝日新聞はその1つかもしれない。

   東証暴落と24日付朝刊1面トップで伝えるとともに、「アベノミクス危うさ露呈」という編集委員の解説記事も載せている。記事では、これまでの株価上昇は、日銀の人為的操作によるものだとしたうえで、永遠にお金をばらまけない以上は、危うさをはらんでいると指摘した。

   つまり、アベノミクスの本質は、お金をばらまくことで、人々に景気よく思わせる心理学だと指摘した。その心理が崩れるともろく、日本経済は以前より酷くなりかねないという。そして、この機会に、アベノミクスの金融緩和偏重を修正すべきだと説いている。

   毎日新聞も、同様な論調の社説をこの日載せている。「かけ声主導、期待頼みの足早な上げ相場には、やはり無理があった」として、金融緩和頼みを修正し、痛みの伴う構造改革などに本腰を入れるべきとした。

   野党では、民主党の海江田万里代表が23日、「株高と円安に過度に依存したアベノミクスの危うさが表れている」などと記者団に語った。また、アベノミクスを批判してきた一部の識者も主張を強めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中