「右傾化は誤解」 小野寺防衛相が国際会議で説明

印刷

   小野寺五典防衛相は2013年6月1日、シンガポールで開催中のアジア安全保障会議で講演し、安倍晋三政権が防衛費増額や集団的自衛権をめぐる憲法解釈の変更を検討していることに「右傾化」批判が出ていることについて「全くの誤解」と反論した。

   小野寺氏は、その理由として「地域の安定に向けて、より能動的で創造的な貢献を目的としている」と説明した。大阪市の橋下徹市長による一連の従軍慰安婦に関する発言についても、「安倍政権はそのような野党党首の発言や歴史認識にくみしない」と強調した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中