2019年 1月 22日 (火)

不倫騒動矢口に芸能人が一転「同情」と「擁護」 和田アキ子、西川史子、テリー伊藤、…

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2013年5月30日に俳優・中村昌也さん(27)との離婚を発表した矢口真里さん(30)の不倫騒動について、芸能界のご意見番・和田アキ子さん(63)がモノ申した。

   矢口さんを巡っては、まだ騒動について公の場で言及していないため、会見を開いて自分の言葉で話すべきだ、という意見が出つつある。

   これに、「会見は微妙でしょ~、どう?」と熱っぽく反論した。

「本当に連れ込んだの?」「本当なのこれ?」

   6月2日放送の「アッコ におまかせ!」(TBS系)では、東京スポーツの種井記者が今回の騒動を巡って「イメージダウンは深刻、年収5000万クラスだったのが大幅に減り、慰謝料やCMクライアントから違約金を含めると損害は1億円にのぼる」と試算。「(今回の騒動について)まだ公の場に出てきて説明していないので早くどっかに出てきてほしい」と話した。

   アッコさんはこれに対して「でも微妙じゃんでてきて」と「反論」した。

   スタジオでは矢口さんは番組に出てアッコさんに怒られてほしいとの声がでていたが、アッコは「なんで怒るのよ、私関係ないもん」とつれない反応。しまいには「本当に連れ込んだの?」「本当なのこれ?」と疑問まで呈していた。

   その上で、会見が「微妙」という理由を、会見の様子の小芝居を打って説明した。

「じゃあ出てきたとすっか、出てきて『あなた不倫しました ね?』『はい』って言える?『すいません、すべて私の責任です』って。『夫婦の寝室に入れましたね、若い役者を?』『申し訳ございませ ん』いう?『あなた不倫しましたね』『いいえしてません!』『寝室入れたでしょ』『いいえいれてません!』いう?それでもOK?」

   かぶりをふりながら熱っぽく話す様子に、勝俣州和さん(48)も「めっちゃはしゃい でますね」とやや驚いた様子だ。

   「体調不良って言うから それはちょっと身体は元気じゃないと・・・言えることも言えなかったりするし。身体は本当にはやく治してほしいですね」と話題を締めたが、批判的なコメントはほとんどなかった。

   なお、矢口さんは同番組 の準レギュラーで、「やぐっちゃん」などと呼ばれていたが、この日は一貫して「矢口真里さん」「矢口さん」と呼ばれていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中