JAL787、バッテリーで不具合表示 ボーイング社の作業ミスか

印刷

   日本航空(JAL)は2013年6月2日、ボーイング787型機で運航予定だった羽田発北京行きのJL21便を、機材点検の都合で767型機に差し替えて運航した。787型機のバッテリーを格納する容器の圧力について不具合を示す計器が作動したため。バッテリー自体に異常はなかったが、バッテリーが過熱した際に熱などを機外に出すための小さな2つの穴がテープでふさがれているのが見つかった。ボーイング社がバッテリー改修作業を行った際に作業ミスをした可能性があるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中