2018年 7月 19日 (木)

渋谷スクランブル交差点周辺で立ち入り制限 サッカー日本戦終了後の混乱回避

印刷

   警視庁は2013年6月4日に予定されているサッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選の日本―オーストラリア戦試合終了後をメドに、東京・渋谷駅前スクランブル交差点周辺の立ち入りを制限する。

   終了後に若者が集まり、混乱やトラブルが起きるのを防ぐため。

   交差点周辺を「整理区域」に指定し、試合終了予定の4日21時ごろから機動隊員ら数百人を配置。明確な用事がある人を除いて立ち入りを制限し、迂回路に誘導する。認めた場合でも斜め横断は禁止し、通行人が滞留するのを防止する。

   渋谷駅前では、サッカー日本代表戦などイベントのたびに数千人が集まってハイタッチするなどお祭り騒ぎがおき、交通渋滞やけんかなどのトラブルが発生している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中