2019年 5月 27日 (月)

渋谷駅スクランブル交差点4日夜「封鎖」 ショップやタクシーは「正直ありがたい」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選の日本‐オーストラリア戦が行われる2013年6月4日、東京・渋谷駅前スクランブル交差点周辺が「封鎖」される。

   渋谷駅前では事あるごとに大勢の若者が集まってお祭り騒ぎが繰り広げられ、トラブルが起こり問題視されてきた。今回の措置に悲しむサポーターは少なくないようだが、周辺からは「封鎖歓迎」の声も聞こえてくる。

「鬱陶しいから賛成」「警察空気読めないな」

スクランブル交差点から人が消える?(13年6月3日撮影)
スクランブル交差点から人が消える?(13年6月3日撮影)

   今回封鎖されるのは、スクランブル交差点とセンター街の一部区域で、区域内に用事がある歩行者以外の通行が制限される。試合終了予定の21時頃から機動隊員ら数百人を設置して迂回路に誘導し、通常はできる斜め横断を禁止する。

   W杯後の騒ぎをよく思っていなかった人は多く、インターネット上では「グレイト!然るべき場所で騒げよ」「見ていて鬱陶しいから賛成」など、今回の措置を歓迎する声が上がっている。

   一方、試合後に騒ぎたかった人も多いようで、「警察も空気読めないな…めっちゃ盛り上がるのに…」「どこまで若者を去勢した世の中にしたいんだよ W杯決まった瞬間に騒がせてくれないって」「日本はどんどんつまらない国になっていくなぁ」と、残念がっている書き込みもある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中