2018年 7月 23日 (月)

米国で結婚したカップルの1/3以上がオンラインで出会い

印刷

   米科学アカデミー紀要(PNAS)は2013年6月3日、アメリカでは結婚したカップルの3分の1以上がオンラインで出会っており、こうした人々はそれ以外の方法で知り合って結婚したカップルに比べて幸福度がやや上回っている可能性があるとする米国研究チームの研究結果を公開した。

   それによると、オンラインで結婚相手と出会った人は、オフラインの場合に比べて、30歳から49歳の高所得者層である傾向が強いという。

   また、調査期間中の離婚率をみると、オンラインで知り合ったカップルは5.96%、オフラインで知り合ったカップルは7.67%だった。

   調査の対象としたのは2005年から2012年の間に結婚したアメリカ人1万9131人。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中