2020年 8月 10日 (月)

北朝鮮テレビ局がフェイスブック!? はたして本物なのか、なりすましか

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   北朝鮮の国営放送としておなじみの朝鮮中央テレビが、フェイスブックに公式ページを作った――韓国がそんな話題で騒然となっている。

   金正恩・第1書記の動静を始めとする北朝鮮の最新ニュースに加え、朝鮮中央テレビの番組を一部ではあるがリアルタイムで配信している。もっとも、本当に北朝鮮側が作ったアカウントなのかは、今のところ確認できない。

韓国ではアクセス禁止の処置も

問題のフェイスブックページ。朝鮮中央テレビの番組をリアルタイムで閲覧できる
問題のフェイスブックページ。朝鮮中央テレビの番組をリアルタイムで閲覧できる

   「Korean Central Television‐朝鮮中央放送」を称するページは、少なくとも2012年11月から存在していたことが確認できる。投稿はすべて英文で、金第1書記などに関するニュースを中心に、「偉人」や「名所」の紹介記事、動画へのリンクなどを掲載する。1日に複数回の投稿があり、更新頻度はかなり高い。

   注目されるのがこのページで、朝鮮中央テレビの番組がオンライン配信されていることだ。もっともすべての番組が見られるわけではなく、月曜から土曜までは午後5時から、日曜日は午前9時からの放送のみが、USTREAMとWindows Media Playerの2方式を使いストリーミング形式で流されている。

   2013年6月6日、韓国・聯合ニュースなどがこのページの存在を報じたことで話題となり、韓国ネットは大いに盛り上がった。しかし韓国警察はこのページは北朝鮮を宣伝する「利敵」サイトだと判断、同日午後に韓国内からのアクセスを遮断したため、現在韓国からは閲覧できない状態だ。

   ただし日本では7日に記者が確認した際にも、「看板アナ」として有名なリ・チュンヒさんの名調子を聞くことができた。

   北朝鮮ではこれまでにもウェブサイト「わが民族同士」やツイッター、YouTubeなどを通じ、ネットによる情報発信を行ってきた。今回のフェイスブック「参戦」も、同様の目的によるものなのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中