2018年 7月 22日 (日)

ホームレスの文学募る 「路上文学賞」が授賞式

印刷

   ホームレスの人などを対象にした文学賞「路上文学賞」の授賞式が2013年6月8日、都内で開催された。

   路上文学賞実行委員会・ビッグイシュー基金の共催で、今回が3回目。作家の星野智幸さんが選者を務める。現在あるいは過去に路上生活経験がある人、またいわゆる「ネットカフェ難民」など、広い意味での「ホームレス」の人を対象に、小説・エッセイなどの作品を募った。33作品の応募があり、8日は首都圏からの参加者2人が表彰された。

   都内で路上生活を送っている河野開司さんは、その日常を「マニュアル」風に、ユーモアを交えて描いた作品で佳作となった。表彰式では、これからも連続入賞を目指したいと意気込みを語り、大きな拍手を受けた。

   選者の星野さんは、「自分史を描いた作品が多く、また原稿を皆きれいに清書していて、作品に手をかけていることが伝わってきた。『母』をテーマにした作品が多かったのも印象的だった」と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中