2019年 12月 8日 (日)

「維新」の退潮、各紙世論調査で鮮明に 「お膝元」近畿でも下落、女性の支持離れ続く

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「みんな」にも抜かれる

   朝日新聞が6月8日から9日にかけて行った調査でも維新は不調で、維新を比例投票先に選んだ人は前回5月調査比2ポイント減の5%。民主は1ポイント減の7%、公明が1ポイント減の5%、みんなの党が1ポイント増の6%。「第3極の中では首位」という立場も明け渡してしまった形だ。自民党は4ポイント減の45%だが、「一人勝ち」が続いていることには変わりない。

   そんな中、6月11日には「大阪維新の会」の冨岡朋治大阪市議(71)が維新市議団を離脱する意向を固めたことを各紙が伝えた。橋下氏の発言に反発したとみられ、これまでは「日本維新の会」へのバナーが張ってあった冨岡氏のウェブサイトも現在は閉鎖状態。アクセスしても

「只今、工事中。しばらくお待ちください」

と表示されるだけだ。「お膝元」から離脱者が出るあたり、前出の読売調査で示されたような維新の「地盤沈下」を裏付けている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中