2019年 5月 24日 (金)

「日本人を殺す」重傷者を出した「生野区連続通り魔事件」 ウィキペディアから記事が突然削除されネットで騒ぎに

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   韓国籍の男(当時31歳)が「日本人なら何人も殺そうと思った」などと供述したと報じられた「生野区連続通り魔事件」。男は「日本人か?」と聞きまわり包丁で2人の男女に重傷を負わせた忌まわしい事件だが、その記事がネット百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)から突然削除されたとネットで騒ぎになっている。

   「ウィキペディア」の記事が削除される場合は審議、投票など段階を踏むが、いきなりだったため、削除の背景に何があったのか様々な憶測が広がっている。

記事に暴力的または猟奇的な記述が含まれている?

   大阪市生野区新今里で2013年5月22日朝に起こった「生野区連続通り魔事件」は実に奇異な事件だった。報道によれば男は道路やマンション、雑居ビルなどに立ち寄り「日本人か?」などと質問し日本人だと答えると包丁を持って追い掛け回した。逃げ延びた人もいたが2人が包丁で切りつけられるなどして重傷を負った。警察の取調べで男は「生粋の日本人なら何人も殺そうと思いました」と供述しているという。

   産経新聞によると、男は韓国籍で約3年前から精神疾患で入退院を繰返し、逮捕後も意味不明の言動を繰返していたという。読売、朝日、毎日は国籍については報じておらず、いずれも通院歴に触れながら、「府警は責任能力の有無について調べる」としている。東京本社版での記事の扱いは余り目だたず、事件報道につきものの続報は、その後、大手紙からはほとんど出ていない。

   この事件をまとめた記事がネット百科事典「ウィキペディア」にも掲載されたが、それがいきなり13年6月8日に削除された。「ウィキペディア」の場合は記載に誤りがあった場合など、誰でも書き換えることができ正確な表現に近づくため、実際に起こり報道された出来事がいきなり削除されるというのは前代未聞だとネットで騒動になった。削除されるのは変だとして、新たに記事を編集して再度アップしたユーザーもいたのだが、

「このページは即時削除の方針に従い、まもなく削除される予定です。この記事には暴力的または猟奇的な記述・表現が含まれています」

などと「ウィキペディア」に告知が出て削除されてしまった。

   「ウィキペディア」から記事を削除するための手順は、まず管理者に削除依頼を出し、管理者は依頼が正当な理由であるかを判断、その後ユーザーの投票によって削除するかどうかを決める。得票数や賛成反対の割合がどれくらいで削除になるのかははっきりしていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中