安愚楽牧場問題で元社長ら3人逮捕 預託法違反容疑で警視庁

印刷

   和牛オーナー制度で多額の出資金を集めた安愚楽牧場(栃木県)が経営破綻した問題で、警視庁が2013年6月18日、元社長の三ケ尻久美子容疑者(69)ら3人を特定商品預託法違反(不実の告知)の疑いで逮捕したことが分かった。

   報道によると、三ケ尻容疑者らは、破綻直前の契約時に牛の頭数を実際よりも多く偽り、出資者に事実と異なる説明をしていた疑い。牧場では、経営破綻で約7万人が計約4200億円の損失を被っていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中