橋下氏、都議選敗北なら共同代表辞任 勝敗ラインは明言せず

印刷

   日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は2013年6月19日夕方の囲み取材で、「支持を受けられなかったら共同代表を継続するわけにはいかない」と述べ、東京都議選(6月23日投開票)で敗北した際には共同代表を辞任する考える明らかにした。勝敗ラインは明言しなかった。

   維新の会の現有議席数は3。今回の都議選では、単独で議案を提出できる11議席の獲得を目指している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中