2018年 7月 19日 (木)

新聞協会会長に読売白石社長

印刷

   日本新聞協会は2013年6月19日、任期満了に伴う役員改選を行い、新会長に読売新聞東京本社の白石興二郎社長を選出した。

   副会長には新たに熊坂隆光・産経新聞社社長を選び、村田正敏・北海道新聞社社長、山本治朗・中国新聞社社主兼会長の2氏を再任した、任期はいずれも2年。

   白石会長は都内で開いた記者会見で、消費増税に伴い投入が検討されている軽減税率への新聞への適用に向けて作業を進めたいと話したという。

   白石会長は京大文卒。1969年、読売新聞社入社。政治部次長、メディア戦略局長(当時)、社長室長、編集局長、論説委員長などを歴任し、2011年6月、読売新聞グループ本社社長兼読売新聞東京本社社長に就任した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中