日韓スワップ協定延長「日本側からは必要ない」 菅官房長官

印刷
記者会見に臨む菅義偉官房長官
記者会見に臨む菅義偉官房長官

   菅義偉官房長官は2013年6月21日夕方の定例会見で、日本と韓国の通貨スワップ協定の130億ドルの交換枠のうち、7月3日に30億ドル分の期限が切れることについて、

「(期限を)迎えるまでの間に必要があれば延長はするが、韓国側においてあまり必要でないということであれば、日本として判断する」

と述べ、韓国側の要請があれば延長を検討する考えを示した。

   記者の

「具体的には日本側から積極的な必要があるということではない、ということか」

という質問に対しては、

「日本側はそう思っています」

と答えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中