2021年 3月 1日 (月)

ツイッター大学生、フェイスブック好き中年はナルシスト? 米大学の研究結果がネットで話題

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ツイッターに比較的高い頻度で投稿する大学生は、そうでない場合に比べてよりナルシシスティック(自己愛的)な傾向がある。一方で、ナルシシスティックな傾向を持つ大人は、「自虐風自慢」の場として、フェイスブックを好む――こんな研究結果がアメリカで発表されて、ネットで話題になっている。

自己愛性人格障害とソーシャルメディア利用との関係

   「驚き!フェイスブックとツイッター利用頻度とナルシシスム(自己愛)が結びついていた!」との見出しで英TIME誌の電子版が2013年6月12日、伝えたところによると、研究は米ミシガン大学の研究チームによりおこなわれ、「Computers in Human Behavior」誌に掲載された。

   研究チームの一人エリオット・パネク氏がTIME誌に対して話したところによると、中年の人々がFacebookを好むのは、彼らの社会人としての姿がすでに確立しているから。ソーシャルメディアを、社会人としての付き合いがある人たちから承認を受けるために使うため、実名が基本のFacebookがうってつけなのだという。

   大学生はこれと対照的に、SNSを通じて自身の社会的な繋がりを広げようとし、広範な話題や問題についての意見を投げかける。そのため、匿名性もあり、見知らぬ人とも簡便に繋がれるTwitterのほうが都合がいいというわけだ。

   記事によるとこの研究は、自己愛性人格障害とソーシャルメディア利用との関係をさぐるためにおこなわれた。自己愛性人格障害は広く、自分の価値を過信することとして定義される。その細かい特徴は、自己顕示癖、優越感、特権意識、虚栄心、うぬぼれの強さ、高圧的で、他人を出し抜こうとする、などだ。

   研究者たちはこれら7つのうち、どれがソーシャルメディアの利用頻度ともっとも密接に関係しているかを、486人の大学生と93人の大人を対象に調べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中