2019年 11月 12日 (火)

頬に鼻寄せ、向き合ってキス寸前… 元AKB「えれぴょん」2ショット会が凄すぎと話題

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2010年9月にAKB48を卒業し、11年10月に芸能活動を再開した小野恵令奈さん(えれぴょん、19)がイベントで行った「ファンとの2ショット撮影会」が「凄すぎる」とインターネット上で話題だ。

   ファンとの密着度合いがかなり高い写真に「風俗みたい」という非難の声も上がり、小野さん本人が「ええやん なにしたって」と反論する事態に発展している。

CDアルバム3種類同時購入した人が2ショット撮影できた

AKB所属時以上の大サービス!?(10年11月撮影)
AKB所属時以上の大サービス!?(10年11月撮影)

   話題のイベントは、13年6月19日発売の小野さんのファーストアルバム「ERENA」を記念し、6月18日から23日にかけて全国6会場で開催されたものだ。

   初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤の3種類を同時購入した人が、インスタントカメラ「チェキ」で小野さんと2ショットを撮影できる「2ショットチェキ撮影会」が行われた。

   参加した複数のファンがツイッターで2ショット写真を投稿したのだが、撮影時に小野さんが行ったファンサービスがなかなか大胆なものだった。

   男性ファンには肩に抱きついて頬に鼻を寄せたり、腕に絡みついたり、正面から抱き合ったり。女性ファンには向かい合ってキス寸前のような体勢を取ったり、ファンを抱きしめて頬にキスをしたりと、かなりの密着ぶりなのだ。

   小野さんが元いたAKBの2ショット撮影イベントでは、ボディータッチはおろか、メンバーとファンの立ち位置が近付くことすら禁止される場合もある。他のアイドルでも小野さんほどの対応はまれで、今回の「超密着」サービスは異例と言える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中