2018年 7月 21日 (土)

W杯予選で韓国コーチがイラン選手「殴打」 イランがFIFAに提訴

印刷

   イランの英語のサッカー情報サイト「ペルシャン・フットボール」は2013年6月23日付の記事で、6月18日に韓国内で行われたサッカーワールドカップ・ブラジル大会のアジア最終予選、イラン‐韓国の試合で、韓国のコーチがイランの控えゴールキーパーを数発殴ったとして、イランサッカー協会(IFF)が国際サッカー連盟(FIFA)に提訴したと伝えた。

   この試合はイランが1-0で韓国を下したが、試合後にピッチ上で勝利を誇示するイラン選手が韓国側ベンチに走り寄った際に、ひとりの選手に対して韓国のスタッフふたりが殴打する映像がインターネット上に出回っていた。

   記事によるとIFFはほかにも、試合終了後に韓国サポーターがガラス瓶をイラン選手に向けて投げつけたことも、提訴の対象にしているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中