佳子さま正装時のティアラ、ミキモト制作が決定

印刷

   宮内庁は2013年6月26日、14年12月に成人する秋篠宮ご夫妻の次女・佳子さま(18)が正装時に着用されるティアラの製造業者を、東京・銀座の宝飾大手「ミキモト」に決め、公示した。

   宮内庁は5月13日にティアラ製造業者を募る公告を公式サイトに掲示。ティアラやネックレス、ブレスレットなど5点、計2892万円の予算で、5社が応募していた。有識者を含めた審査委員会がデザインなどを採点し、社名を伏せた聞き取りも行った結果、ミキモトに決まった。

   納品は14年3月を予定している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中