5月の国内建設受注、24.5%増 官民で拡大

印刷

   2013年5月の国内建設受注額は、前年同月に比べて24.5%増の8012億円となった。日本建設業連合会が会員企業99社の状況をまとめ、6月26日に発表した。民間発注の工事が28.3%増の5949億円と大幅に伸びた。マンションや商業施設など、不動産関連の回復が目立った。

   教育施設など、官公庁の発注工事も14.5%増の2053億円と拡大した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中