エジプト反大統領デモ、「エジプト革命」上回る規模に

印刷

   エジプトでムハンマド・モルシ大統領の辞任を求める大規模デモが、就任1周年となる2013年6月30日(現地時間)に始まった。デモ隊は首都カイロの大統領宮殿などを取り囲み、現在も退陣の要求を続けている。

   複数メディアによると、参加者はエジプト全土で数百万人規模にのぼり、ムバラク政権を退陣に追いやった11年の「エジプト革命」デモを上回る規模とみられる。また多数の死傷者が出ているとも伝えられている。

   大統領府の報道官は反大統領派との「対話」を求めているが、いまだ両者の溝は埋まっていない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中