「日本大使館も米国の盗聴対象だった」 英紙が報じる

印刷

   米国の国家安全保障局(NSA)が在米日本大使館でも盗聴していたと、英ガーディアン紙が2013年6月30日に報じた。

   これは、元CIA職員のエドワード・スノーデン容疑者(30)がNSA内部文書を暴露して分かったとしている。10年9月の秘密文書に書かれており、通信機器に盗聴器を埋め込んだり、特殊アンテナを使って通信情報を収集したりしていたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中