2021年 10月 18日 (月)

サムスン「ギャラクシーS4」伸び悩む アップルへのチップ供給も終了? 先行き不安

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   世界のスマートフォン(スマホ)市場で、米アップルと「2強」に君臨する韓国サムスン電子の雲行きが怪しい。ヒットを飛ばしてきたスマホ「ギャラクシー」シリーズの最新版が伸び悩んでいるのだ。

   競合するアップルとは、スマホの特許を巡る訴訟合戦が今も続く。一方でアップルはプロセッサーやメモリーチップの最大顧客。だがその関係も間もなく終えんを迎えるとの報道が流れ、将来に不安が漂う。

7月には10~15%減産、5月の半分になるとの報道

日本では「ツートップ」だが「iPhone 5」を追い抜けない
日本では「ツートップ」だが「iPhone 5」を追い抜けない

   サムスンの主力スマホ「ギャラクシーS4」の売れ行きが不振と伝えたのは、2013年7月1日付の米ブルームバーグ。4月26日に発売し、「世界初のフルHD有機ELディスプレー」「画面に触れなくても、指を近づけたり目を動かしたりするだけで操作できる」と高性能を押し出した端末だが、「革新的と受け止められていない高額な端末の購入を消費者が手控え」ていることから、市場で苦戦しているようだ。アナリストは「前機種と大きな違いがないため、S4を購入する相応の理由が消費者には見当たらない」と厳しく評価。この影響もあってか、サムスンの株価は6月に12.7%と大幅に下落したという。

   日本国内でも爆発的なヒットとはいえない。ギャラクシーS4は、NTTドコモが「ツートップ戦略」の一環として大々的にプッシュする。BCNランキングを見ると、発売翌月の5月は初登場で4位。決して悪くはないが、「ツートップ」のもう一角に選ばれたソニー・モバイルコミュニケーションズの「エクスペリアA」は堂々の首位だ。最新の6月17~23日の順位でも4位にとどまり、「アイフォーン(iPhone)5」を抜いてのトップスリー入りがなかなか果たせない。

   韓国のオンラインIT専門紙「ETニュース」は6月20日、サムスンの無線事業部門がギャラクシーS4を月間ベースで10~15%減産する計画だと報じた。これで7月の生産発注数は650万台となり、5月の約半分に減るのだという。経営陣は「S4」だけではシェア拡大が望めないとの判断から、「ギャラクシーノート3」や「ギャラクシー4Sミニ」といった新モデルを続々投入する方針だと伝えている。

   好調だったスマホ事業に陰りが出てきたとなると、サムスンとしても安泰とは言えない。これまで経営を支えてきたディスプレーや半導体事業も、決して順調ではないからだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中