2021年 5月 11日 (火)

ネット選挙、公示前に目立つが勝ち? 「奇抜動画」乱発の立候補予定者も

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   参院選の公示を目前に控え、各政党の選挙戦略が出そろった。ネット選挙解禁後初めての選挙だということもあって、立候補予定者はユーチューブといった動画サイトはもちろん、ツイッターやフェイスブックといったソーシャルメディアの活用にも積極的だ。大半が政策の内容を訴えたりするオーソドックスな内容だが、中には奇抜なパフォーマンスに走る人もいるようで、ネット利用者の受け止めはさまざまだ。

名前を連呼する歌には「オチがない」

   政党レベルでは、インターネットを利用して有権者にアピールする取り組みはかなり進んできているが、候補予定者のレベルでも、独自の取り組みが進んでいる。例えばネット上で話題になっているのが、千葉選挙区(定数3)から出馬予定の豊田俊郎氏(60、自民)だ。豊田氏は千葉県議を経て03年に八千代市長に初当選。自民党県議団内の最大グループ「県盛会」に推される形で任期途中で市長を辞職し立候補に踏み切った。

   ウェブサイトは自らのプロフィールや政策を並べたオーソドックスな内容だが、異彩を放つのがユーチューブの活用方法だ。30秒程度の短い動画を何本も投稿するのが特徴で、1本目の「豊田、市長やめるってよ」と題した動画では、市民が

「なんでだよ!としろう!」

などと任期途中の辞職に困惑する様子をドラマ風に表現している。

   「メインテーマ」の動画もつくった。独特な音楽に乗せて、中年の女性が踊りながら「♪としろうとしろう♪とよだとしろう♪」と名前を連呼する内容だ。豊田氏のツイッターによると、

「クセになりそう。夢に出る。出ているのは奥さんだろうか?オチがない。浅原(原文ママ)彰晃の歌みたい」

といった感想が寄せられたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中